イベントカレンダー

ホーム > イベントカレンダー > 立体パノラマ絵草紙 『おさき玉城恋の八橋』

知立市制五十周年・知立市文化会館開館二十周年記念事業
知立の山車文楽新作プロジェクト
立体パノラマ絵草紙 『おさき玉城恋の八橋』
美しい日本語で語る朗読と人形浄瑠璃
バス
知立の八橋、無量壽寺に伝わる琉球古楽器「長線」、かつての琉球王国と知立をつなぐ手がかりを基に創られる知立オリジナルの創作舞台
知立市制50周年・知立市文化会館開館20周年を記念して製作するこの作品は、知立と沖縄を結ぶ物語として、知立の八橋「無量壽寺」に現存する琉球古楽器「長線」から着想を得て生まれました。物語の中にも登場する「八橋売茶翁」、そして「文楽」といった、知立の様々な文化資源や偉人を題材にし、知立の歴史に目を向ける作品であると同時に、知立と沖縄の知られざる歴史的関係に日の目を当てる作品です。

開催日程

2020年8月22日(土)~2020年8月23日(日)
8/22➡18:00開演 8/23➡①11:00開演 ②15:30開演
8/22➡17:30開場 8/23➡①10:30開場 ②15:00開場

会   場

花しょうぶホール
※入場整理番号付き入場券

チケット

全自由席

※未就学児入場不可
※パティオしーとのお取り扱いはパティオ池鯉鮒アートセンターとweb販売のみです。
※車椅子でお越しのお客様は事前にお問合せください。
※新型コロナウィルス感染拡大防止のための対策にご協力をいただく場合がございます。

料  金
パティオしーと会員 2,700円
一   般 3,000円

18歳以下500円(会員・一般とも)

発 売 日
パティオしーと会員 2020年7月4日(土)10:00~
一   般 2020年7月4日(土)10:00~

※電話予約は各発売日当日13:00より受付開始

パティオ池鯉鮒(知立市文化会館)友の会「パティオしーと」のご案内

チケット取扱い
  • パティオ池鯉鮒アートセンター

チラシ外
チラシ内
知立市文化会館20周年ロゴ
知立市制50周年ロゴ

あらすじ

「江戸上り」の務めを果たすため、琉球王国を出発した玉城楽童子は、幾つもの荒波や難所を超え過酷な旅路を歩んでいましたが、とうとう池鯉鮒宿にて倒れてしまい、運び込まれた無量壽寺にておさきによる手厚い看病を受けます。看病に疲れたおさきもやがて眠りに落ち、二人はある不思議な夢を見ます。目が覚めた二人は同じ夢を見ていたことを知り、運命的な縁を感じます。江戸上りという壮絶な使命を負った玉城と、玉城に淡い恋心をいだくおさき。一つの出会いが二人にもたらしたものは…。

美しい日本語で語る朗読と人形浄瑠璃

古典形式の美しい朗読と義太夫節、情感豊かな2つの語りと飛び出す絵本×絵巻物のような舞台美術で描き出す、オリジナルの新作舞台です。物語の前半は「劇団前進座」や「人形劇団むすび座」の語りと、市民参加者を中心にした群読によって長線の由来や、琉球と知立のつながりを絵解いていきます。後半は、人形浄瑠璃文学座の「豊松清十郎」、そして「知立山車文楽保存会」によって、文楽・人形浄瑠璃の里「知立」のイメージを打ち出すような、新作義太夫節による知立の新しい文楽を上演します。

知立の山車文楽新作プロジェクトとは

知立市文化会館開館20周年を記念して、本公演の上演作品立体パノラマ絵草紙『おさき玉城恋の八橋』の全3幕を、本年より3年かけて知立オリジナルの新作の文楽として制作していきます。多くの文楽の作品が何百年も前から残っているように、この初めての知立オリジナルの文楽作品をいずれは山車文楽として、今後何十年、何百年と残るような作品を目指して制作していきます。

作・演出・原作・出演者

原作/板倉ミチ
作・演出/木村繁
出演/劇団前進座、豊松清十郎、人形劇団むすび座、知立山車文楽保存会ほか
【出演者】
『一段目:琉球国使節の段、二段目:池鯉鮒の宿対面の段』
劇団前進座:小林祥子、中嶋宏太郎、渡会元之、新村宗二郎、平澤 愛、山本春美
劇団むすび座:飯田恵美、入江靖子、小泉裕明
群読:井戸千招、神谷富貴子、栗林昌弘、柴田厚夫、 西浦万里子、林達美、前田眼子、まつもとぎんこ、youu-ji
演奏:西尾 賢
『三段目:琉球国長線由来の段』
人形浄瑠璃 文楽座:豊松清十郎、桐竹紋臣、豊松清之助
知立山車文楽保存会:石本聖絵、伊藤齊保、大幡 清、加藤喜代美、清川ひろみ、河野理恵、榊原 宏、柴田順子、清水昌也、滝川弥絵、鶴田常智、野村裕之、林 健一、藤井秀晴、山本雄司
稽古代役:小嶋徳雄、戸谷田知成
知立市義太夫会:青木孝夫、青木美代子、板倉ミチ、柴田千明、杉浦五一、鈴木博貴、戸谷道代、日沖知重、本田明子、本多純一、渡辺富美子
長線弾き語り:山内盛貴(御座楽復元演奏研究会)
演奏:西尾 賢

スタッフ等

義太夫節作曲・指導:野澤勝平 
劇中歌作曲:西尾 賢 
人形振付・指導:豊松清十郎 
琉球舞踊振付:山川昭子(玉城流扇寿会師範) 
舞台美術:杉山 至 
音響効果:ノノヤママナコ 
照明デザイン:御原祥子 
衣裳:幅上ちさと 
小道具・人形・人形衣裳製作:人形劇団むすび座 
大道具製作:ステージ・クラフト・サブ 
演出助手・琉球人形デザイン:小辻賢典(人形劇団むすび座) 
舞台監督:近藤朋文
企画:芹澤由貴(一般財団法人ちりゅう芸術創造協会) 
制作:堀川克磨・竹田沙緒莉(一般財団法人ちりゅう芸術創造協会)

主催など

主催・一般財団法人ちりゅう芸術創造協会、知立市、知立市教育委員会
助成:一般財団法人地域創造、文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会

パティオ池鯉鮒(知立市文化会館)  〒472-0026 愛知県知立市上重原町間瀬口116番地  一般財団法人ちりゅう芸術創造協会  TEL0566-83-8100 FAX0566-83-8110