イベントカレンダー

ホーム > イベントカレンダー > 〇〇(Oh!縁)展Vol.5

入会地ギャラリー展特別展
〇〇(Oh!縁)展Vol.5
バス
ー新しい時代を生きるー
〇〇展(Oh!縁展)とは・・
パティオ池鯉鮒が地元アーティストを《応援》しようと、2016年からスタートした企画展。
愛知県の中心部に位置する知立市で、県内で活動するアーティスト同士の《縁》をつなぎ、
来館者と作品との《縁》をつなぎます。
第5回の今回は、同時開催する入会地ギャラリー展特別展「乃村豊和展ー生きること 生きてきたこと 生きていることー」をうけ、「あたらしい時代を生きる」というテーマを設け、ジャンルの枠にとらわれないあたらしい手法で表現し続けている4組のアーティストを選出しました。
また今回は、ギャラリーを飛び出して、様々な場所に作品を配置。
開館20周年を迎えたパティオの建物と作品のコラボレーションをお楽しみください。

◯◯展vol.5 出展アーティストプロフィール

【teamAAR(チーム・エーエーアール)】
2018 年よりチームとしての活動をスタート。
フォトグラファー井上貴雄&ストッキングアーティスト光冨さよ(アイムスタジオ)、ダンサー・コリオグラファー・ヒーラー 田中りえ(Koorie)、アート&ダンス評論・美術鑑賞ナビゲーター(VTS)・ドラマツゥルグの亀田恵子で構成。
プロジェクトごとにゲストも迎えながら、それぞれの得意領域を活かし、「自分たちが楽しいと思うことで動く!」 をモットーに活動している。

▼井上貴雄(写真・映像:アイムスタジオ)
神奈川県出身。2010年豊田市に転居。 多摩芸術学園(現、多摩美術大学II部)写真学科卒業。 広告制作会社を経てフリーランス。 広告撮影を中心に、フォトグラファーの経験を活かした映像作品多数。

▼光冨さよ(ストッキングアート:アイムスタジオ)
ストッキングアーティスト・現代アート作家。1988年よりパンティストッキングを素材に創作活動を始める。フランス・パリでの工芸展始め、各美術展出品、個展多数。
近年は東京・六本木での個展を軸に、ストッキングから生まれるあらゆる可能性を探求し、作品を創り続けている。 
(パーソナルスポンサー アツギ株式会社)

▼田中りえ(ダンス・パフォーマンス:Koorie)
幼少にクラシックバレエからダンスを始め、モダン、ジャズ、コンテンポラリーなど学ぶ。10代後半から舞台やイベント等の仕事をスタート。現在は即興ダンスや多彩なアーティストとのコラボを中心に活動。オペラ、合唱劇、ミュージカル、演劇への振付も多数。
Koorie主宰、teamAAR 所属。名古屋市生まれ東郷町在住。

▼亀田恵子(ドラマツゥルグ・マネジメント:Arts&Theatre→Literacy)
大阪府出身、2015年日本ダンス評論賞第1席の受賞を機にダンス・アート評論を開始。近年は朗読とパフォーマンスの境界線上のような作品も発表している。豊田市在住。

【中谷ゆうこ】
名古屋市生まれ。Académie des Beaux-Arts de Watermael-Boitsfort(ベルギー)に在籍。
「みえないをかく-抽象を具象する」をテーマに感覚や概念がゆらりと揺れ、既成概念から自由に なれる場を創造している。 2001 '03 はるひ絵画ビエンナーレ優秀賞・奨励賞、2005 VOCA 展 (上野の森美術館)、2014 愛銀教育文化財団・個人助成、2016 ポジション展(名古屋市美術館)、 他、個展・グループ展多数。東郷町在住。

【加藤恵利】
愛知県生まれ。1993年より、個展、グループ展多数開催。フィリップモリスアートアワード最終審査展1996(東京)、ファンデナゴヤ美術展2015(名古屋)、農村舞台アートプロジェクト2015-2016(豊田)、EWAACファイナル展2015-2017(ロンドン)、第34回国際アートコンペティション2019(NY)等に出品。日常生活で不要になった段ボール等で作品制作しています。アートは特別なものではなく、生活の中で生まれ楽しむものだと感じていただけたら幸いです。日進市在住。

【宮本 宗】
1985年 三重県桑名市生まれ。愛知県芸術大学大学院彫刻専攻を修了後、ミクストメディアによるアーティストとして活動開始。東京ミッドタウンアワード2012、アーツチャレンジ2015、六本木アートナイト2016に出品。
近年はアート作品から舞台装着に至る、あらゆる表現手法を駆使し、自身における身体の行方について考察を重ねている。長久手市在住。

開催日程

2020年10月11日(日)~2020年10月18日(日)
10:00~17:00

会   場

ギャラリー

チケット

入場無料

関連イベント
[同時開催]

乃村豊和展ー生きること 生きてきたこと 生きていること・・・ー

[ギャラリートーク]

10月11日(日)
10:00~
オープニング・ギャラリートーク
乃村豊和&薫田八郎(知立市文化協会会長)
※要予約

10月10日(土)
20:00~パティオ池鯉鮒youtubeにて配信
乃村豊和×〇〇展アーティストトーク

[ワークショップ]

◯◯展vol.5 出展アーティストによるワークショップ&パフォーマンス

[ワークショップ]

【ストッキングシャポーをかぶるアート体験】
▼日時 10月 11日(日) 13:00〜16:00(随時)
▼会場 花しょうぶホール ホワイエ
▼内容
ストッキングで制作したシャポーは全てデザインが異なるアート作品で、かぶって頂く事で世界で1つのアートが完成します。かぶった写真を撮り、ギネス登録を目指す「ストッキングシャポー1000人プロジェクト」に参加する体験です。
▼講師 teamAAR (作家/光冨さよ・撮影/井上貴雄)
▼対象 どなたでも
▼定員 最大50名(予約不要)
▼参加費 無料

【ものの見え方レクチャー&ダンスパフォーマンス鑑賞】
▼日時 10月 11日(日) 15:00〜16:30
▼会場 花しょうぶホール ホワイエ(レクチャー)/からくりロビー(パフォーマンス鑑賞)
▼内容
色んな視点からものごとを見ると、新たな自分と出会える!? パフォーマンス鑑賞前にものの見え方が変わるワークショップを体験、そのまま鑑賞へレッツGO。 鑑賞は“おひねりシール”をガラスにペタペタ貼りながら楽しみます。鑑賞後にはみんなでつくった“おひねりダンス点描”が完成します☆
え?どんなの?!それは参加してのお楽しみ!
▼講師 teamAAR (レクチャー/亀田恵子・ダンス/田中りえ)
▼対象 どなたでも(未就学児は保護者同伴)
▼定員 15名(要予約)
▼参加費 1500円(パフォーマンスの鑑賞を含む)


【粘土で中谷ゆうこの渦巻きの作品に参加しよう】
▼日時 10月 18日(日) 11:00〜12:00/13:00〜16:00の毎時より各30分
▼会場 花しょうぶホール ホワイエおよびホール内
▼内容
粘土を作家と一緒に握って手型をとって並べて作品を大きくしていきます。世界に一つだけのあなたの手の痕跡は作品の一部として残ります。 また、別の粘土で小さなお家を作り、作品の周りに白いお家の街を作りましょう。自分で作ったお家は展覧会終了後、お持ち帰りになれます。
▼講師 中谷ゆうこ
▼対象 どなたでも(未就学児は保護者同伴)
▼定員 各回10名(要予約)
▼参加費 500円

【いろ・イロなカタチを作ろう!】
▼日時 10月18日(日)13:00〜15:00
▼会場 ワークショップ室1
▼内容
空箱と色シールを切ったり貼ったりして、自分だけの作品を作ろう。
▼講師 加藤恵利
▼対象 どなたでも(未就学児は保護者同伴)
▼定員 10名(要予約)
▼参加費 500円

【アートウィルス「ファージ」で描く思考のワクチン】
▼日時 10月 18日(日) 15:00/15:30/16:00/16:30(各回30分・一人あたり5分以内)
▼会場 2Fギャラリー内
▼内容
ワクチンウィルス「バクテリオファージ」をモチーフにした遠隔操作型作品「ファージ」を操作し、その痕跡で不規則な線を描きます。(描いたものは会期終了後に持ち帰れます)
▼講師 宮本 宗
▼対象 どなたでも(10歳未満は保護者同伴)
▼定員 各回5名(要予約)
▼参加費 500円




[パフォーマンス]

【昼の部「心暉蝕(シンキロウ)」/夕の部「影蝕(カゲロウ)」】
▼日時 10月 17日(土) 13:00〜/17:00〜
▼会場 光のパティオ
▼内容
薄れゆく夏の気配を肌で感じながら、かつての夏の記憶を辿り、あの頃はなにか不思議なことが起きる予感に満ちていた。昼と黄昏時、光と影、蜃気楼と逢魔時、 動と静が曖昧になる2つの風景を舞台に、陽と陰の身体を駆使し、それらに潜む怪(かい)を演じて見せる。
▼出演 渡邊智美(ダンサー)
▼定員 20名(要予約)
▼座席料 1000円




[関連講座]

【視点を拡げ、仲間が好きになる!ーMIKATAワークショップー】
▼日時 10月 17日(土) 10:00〜11:10
▼会場 ワークショップ室1
▼内容
自己と他社の視点を積み上げ、世界を拡げてくれるVTS(Visual Thinking Strategy)。美術鑑賞を通して「観察力」「批判的思考力」「コミュニケーション力」が養われるVTSを体験します。
美術作品や、パフォーマンス作品にワクワクしたり、日々の生活の中で「あれ?コレっておもしろいな・・・」と気づく瞬間・・・それはきっと、人生を輝かせてくれる小さなスパイスです。では、そんなステキな気づきにどうすれば出会えるでしょうか?それは“私”のものの見方が拡がること。“私”のものの見方を拡げるには“私意外の誰か”の見方を味方 につけること・・・この、2つのミカタと仲良くなることなのです!
▼講師 亀田恵子(teamAAR/美術鑑賞ナビゲーター)
▼対象 どなたでも(未就学児は保護者同伴)
▼定員 10名(要予約)
▼参加費 3000円

主催等

主催:一般財団法人ちりゅう芸術創造協会
協賛:知立市・知立市教育委員会
アドバイザー:磯村美沙希・野中ゆう子

パティオ池鯉鮒(知立市文化会館)  〒472-0026 愛知県知立市上重原町間瀬口116番地  一般財団法人ちりゅう芸術創造協会  TEL0566-83-8100 FAX0566-83-8110